東よか干潟ビジターセンター「ひがさす」

佐賀市南部の有明海に位置し、国際的に重要な湿地としてラムサール条約に登録されている東よか干潟は、日本一のシギ・チドリ類の渡来数を誇り、ムツゴロウやシオマネキ、ワラスボなどユニークな干潟の生き物も数多く生息しています。

東よか干潟の価値や魅力を発信し、観光・学習・交流などさまざまな活動の拠点となる東よか干潟ビジターセンターひがさすが令和2年10月20日に開館しました。

※来館される際は、新型コロナウイルス感染症対策のため、マスクの着用や体温測定、手指の消毒にご協力をお願いします。
※来館者多数の場合は入場を制限する場合があります。

所在地840-2222
佐賀市東与賀町大字田中2757番地4(干潟よか公園西側)
営業時間【開館時間】9:00~17:00
定休日【休館日】月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
料金【入館料】無料
【利用予約】
・10名以上で来館される場合は、事前予約をお願いします。
・レクチャールームを利用される場合は、事前にお問い合わせください。
TEL0952-37-0515
FAX0952-37-0548
URLhttps://www.city.saga.lg.jp/main/64076.html

施設概要

展望回廊

地上13mの高さから有明海や佐賀平野の田園風景を360度見渡せます。

展示スペース

季節や天候を問わず、映像やジオラマ、プロジェクションマッピングなどで東よか干潟の価値や魅力を体感することができます。

交流スペース

渡り鳥や干潟の生き物に関する旬の情報を発信し、佐賀海苔などの地元産品やグッズの販売を行います。

レクチャールーム

東よか干潟の未来を創造するためのワークショップ、子どもたちの環境学習、講演、研究発表など各種活動の拠点となります。

MAP

(C)一般社団法人佐賀市観光協会. All rights reserved.