龍造寺隆信誕生地

「五州二島の大守」龍造寺隆信の活躍はここから始まった。

戦国大名・龍造寺山城守隆信は、享禄2年(1529年)2月25日、水ヶ江城で生まれました。龍造寺家には村中(宗家)と水ヶ江の2系があり、隆信は天文17年(1548年)村中龍造寺家のあとを継いで宗家の当主なりました。当主となったのちの隆信は肥前、肥後、筑前、筑後、豊前並びに壱岐、対馬を手中におさめ、『五州二島の大守』とまでいわれました。この誕生地には隆信の袍衣塚(えなつか)があります。

所在地840-0022
佐賀市中の館町
問い合わせ先教育委員会・社会教育部文化振興課
TEL0952-40-7368

MAP

(C)佐賀市観光協会. All rights reserved.