初代肥前国忠吉の墓地

肥前刀の祖・初代肥前国忠吉の墓

肥前刀の刀工の祖である初代肥前国忠吉(ただよし)の墓が、真宗本願寺派の真覚寺にあります。初代忠吉は元亀3年(1572年)、高木瀬村長瀬に生まれ、初め橋本新左衛門といいました。慶長元年(1596年)に上京して、埋忠明寿(うめただみょうじゅ)の門に入り刀工としての技を磨き、慶長3年(1598年)に帰国して佐賀城下町(現長瀬町)に居を構え、佐賀藩おかかえの刀工となりました。元和10年(1624年)に再度上京して武蔵大掾を受領し、後に名を忠広と改めました。本県の刀剣史上その功績は大変大きいものがあります。

所在地840-0844
佐賀市伊勢町6-22 真覚寺
問い合わせ先教育委員会・社会教育部文化振興課
TEL0952-40-7368

MAP

(C)佐賀市観光協会. All rights reserved.