高麗人墓碑・逆修碑

肥前陶磁器のルーツを示す墓碑

山本常朝口述の『葉隠聞書』によると、佐賀藩祖・鍋島直茂は豊臣秀吉の命による朝鮮出兵からの帰国のおり、焼物のじょうずな人を6~7人連れて帰り、金立山にて焼物を作らせたとあります。
この墓碑は、16世紀末李氏朝鮮国の陶工団が、この地で陶磁を焼いていたことをうかがわせるとともに、「葉隠聞書」の内容を裏付ける史跡として、また肥前陶磁がどこから伝わったかを知る上でも貴重な墓碑です。

所在地849-0906
佐賀市金立町大字金立
問い合わせ先教育委員会・社会教育部文化振興課
TEL0952-40-7368

MAP

(C)佐賀市観光協会. All rights reserved.