華蔵庵跡

「葉隠」のルーツ?山本常朝が湛然和尚に教えを受けた場所。

寛文年間、藩主鍋島光茂による円蔵院住職村了和尚の処刑に抗議して高伝寺11世の湛然(たんねん)和尚は筑前へ出国しようとしました。光茂は松瀬の地に土地、建物を寄進して国内に留まるように願いました。これが華蔵庵(けぞういん)で湛然和尚は晩年をこの庵で過ごしました。「葉隠」を執筆した山本常朝は、この華蔵庵で湛然和尚に教えを受けたと伝えられています。

所在地840-0204
佐賀市大和町松瀬2988-3
問い合わせ先教育委員会・社会教育部文化振興課
TEL0952-40-7368

MAP

(C)佐賀市観光協会. All rights reserved.