帯隈山神籠石(こうごういし)

帯隈山に築かれた古代山城の跡

この神籠石(こうごいし)は、佐賀市の北部山麓にある帯隈山(おぶくまやま)に築かれた古代山城の跡といわれています。昭和16年に発見され、昭和39年に発掘調査がなされました。切石を並べた列石線は北側山頂部から下って南側山すそを廻り、馬のてい鉄のような形になっています。石は花崗岩(かこうがん)で、高さ60cmほどの直方体に切りそろえられています。神籠石の作られた正確な年代や目的は今なお不明で、謎につつまれた遺跡です。

所在地849-0901
佐賀市久保泉町大字川久保
問い合わせ先教育委員会・社会教育部文化振興課
TEL0952-40-7368

MAP

(C)佐賀市観光協会. All rights reserved.