銚子塚古墳

前期古墳に特徴的な柄鏡形

脊振山系南麓から南へ1kmほど下ったゆるやかな微高地上、標高15m付近に位置する前方後円墳です。前方部を西に向け、全長98m、後円部直径58m、前方部幅32m。形は前期古墳に特徴的な柄鏡形で、幅11.5m~28mの濠が墳丘に沿って巡っています。内部は竪穴式石室と推定され、その墳形と出土遺物から4世紀末頃に築かれたものと推定されます。

所在地849-0906
佐賀市金立町大字金立
問い合わせ先教育委員会・社会教育部文化振興課
TEL0952-40-7368

MAP

(C)佐賀市観光協会. All rights reserved.