特撮のDNA展 怪獣の匠 日本が誇る怪獣キャラクター造形の歴史

この秋、佐賀にゴジラがやってきます。
昭和29年(1954年)に映画「ゴジラ」が公開され、ミニチュアや着ぐるみ怪獣を駆使した特撮文化の華が開きました。本展では特に、子どものみならず大人をも魅了してやまない「怪獣」を作り出した造形師の仕事に着目。実際の撮影に使用されたゴジラやモスラなど怪獣スーツをはじめ、戦車やロケットといったミニチュア、ジオラマなど200点超を展示します。
紙に描かれたデザイン画をもとに、怪獣に”生き物としてのリアリティー”をもたらしてきた造形師たち。彼らの仕事を通じ、いまもなお脈々と受け継がれる「特撮のDNA」を検証し、誰も見たことがない世界を具現化する「特撮」、そしてその端緒となる「造形」の魅力に迫ります。

開催日

平成29年9月29日 ~ 平成29年11月5日

開催時間

9時30分 ~ 18時

開催場所

佐賀県立美術館(佐賀市城内1-15-23)

入場料

一般・大学生 1,200円(前売り1,000円)
高校生 700円(前売り500円)
小学・中学生 500(前売り300円)

主催・お問い合わせ

佐賀新聞プランニング TEL0952-28-2151

(C)佐賀市観光協会. All rights reserved.