肥前ビードロ 副島硝子工業

日本で唯一の伝統技法「ジャッパン吹き」

嘉永五年(1852年)鍋島藩主閑艘公(直正公)が、佐賀市多布施川流域に大砲鋳造のため、精錬方を置き、その一環として硝子器製造をも手掛けさせたのが、“肥前びーどろ”(佐賀びーどろ)といわれています。精錬方より明治36年に副島硝子工業所として独立し、現在に至っています。佐賀市重要無形文化財に指定さてた伝統工芸です。

所在地840-0044
佐賀市道祖元町106
営業期間通年
定休日日曜・祝日・第2、4土曜
駐車場あり
料金見学無料
TEL0952-24-4211
FAX0952-22-6109
URLhttp://www.hizen-vidro.co.jp/

 

MAP

(C)佐賀市観光協会. All rights reserved.