佐賀市のふるさと納税

【事業者向け情報】佐賀市ふるさと納税協賛事業者の募集について

【2019.7.25追記】【注意喚起】ふるさと納税の偽サイトにご注意ください!

 ふるさと納税の返礼品を不正にコピーした悪質なサイトが散見されています。

 特に、寄附金額を「値引き」することを宣伝文句にしているケースが多く、くれぐれもご注意ください。佐賀市のふるさと納税で寄附金額の値引きをすることはありません。

 佐賀市ふるさと納税の寄附申込みは、5つのサイト(楽天ふるさと納税』・『さとふる』・『ふるなび』・ふるさとチョイス』・『ANAのふるさと納税)のみで受付を行なっております。それ以外のサイトに返礼品等の記載がありましても、申込や決済等は行なわないでください。(令和元年7月25日現在)

 詐欺サイトの手口は巧妙になりつつあり、注意を怠ると大きな被害を受ける可能性があります。少しでも怪しいと感じたら、お申込をされる前にご確認いただきますようお願いいたします。

 

【2019.6.26追記】佐賀市ふるさと納税パンフレットのデータを掲載しました。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

佐賀市のふるさとの納税

佐賀市を応援してくださる方の気持ちを特徴ある事業に活かし、佐賀市のさらなる魅力向上を図りたいと考えております。
みなさんのふるさとである佐賀のまちづくりを応援してください。

ふるさと納税制度とは(詳しくはこちら

出身地や応援したいと思う地方自治体(都道府県、市町村)に寄附をした場合、確定申告(住民税額の寄附金控除のみを受ける場合は住民税申告)を行うことによって、寄附額から2,000円を差引いた額が、寄附した年の所得税と寄附した翌年の住民税から一定の上限額まで控除される制度です。

この制度を活用すれば、例えば「ふるさとを大事にしたい」、「お世話になった地域の発展に恩返しをしたい)などといった「想い」を、応援したい自治体への寄附として「かたち」にすることができます。

※控除される上限額は、個人住民税所得割額(市+県)のおおむね2割が目安です。

寄付金の用途について

「ふるさと納税」寄附金は、下記の事業を推進する資金として活用してまいります。寄附を希望される皆さまの想いでお選びください。

(1)子どもの学びの環境を充実するために
(2)子どもたちへの支援・応援のために
(3)“バルーンのまち佐賀”推進のために
(4)さが桜マラソン・スポーツ振興のために
(5)街なかの祭り等を通した賑わいづくりのために
(6)大隈重信記念館事業を推進するために
(7)花とみどりあふれる美しい佐賀のために
(8)ラムサール条約湿地の保全と活用のために
(9)二酸化炭素を使いながら減らしていくために
(10)環境に配慮したまちづくりと生活環境の保全ために
(11)幕末産業遺産の保存・活用のために
(12)伝統文化・遺跡等の保存・継承・振興のために
(13)古湯映画祭等で賑わいづくりを
(14)みつせ高原キャンペーン等で賑わいづくりを
(15)佐賀空港北側の川副桜ロードのために
(16)市民活動の応援のために
(17)まちの環境整備・基盤整備のために
(18)高齢者、障がい者福祉の充実のために
(19)サガン鳥栖の応援のために

(20)市長おまかせ(指定なし)

※特段のご希望がなければ、市政全般に活用いたします。

納付・申込み方法(ふるさと納税ポータルサイトを利用する場合)

ふるさと納税ポータルサイト楽天ふるさと納税』・『さとふる』・『ふるなび』・ふるさとチョイス』・『ANAのふるさと納税』からお申込みいただけます。

  1. 各ポータルサイトの利用規約に従い、必要事項の入力や返礼品の選択などを行います。
  2. お申込みの際に、クレジット払い・ゆうちょ銀行等の支払い方法を選択します。 ※『ANAのふるさと納税』はクレジット払いのみです。
  3. クレジット払いの場合は、申込み後、続けて表示に従い、お手続きください。ゆうちょ銀行振り込みを選択された場合は、佐賀市専用の払込取扱票を郵送しますので、郵便局の窓口・ATMでお手続きください。(払込手数料:佐賀市負担)

※その他のお申込み方法はこちらをご覧ください。

返礼品のご紹介(一部抜粋)

佐賀市ふるさと納税の数ある返礼品の中から、一部を抜粋してご紹介します。

※商品画像等は全てイメージです。実際の商品とは見栄え等が異なる場合がございます。

さがびより(佐賀県産)

米の食味ランキングで8年連続“特A評価”

日本有数の米どころである佐賀県で、品質、食味ともに優れていると同時に、近年、顕著になっている"夏場の高温"に対応したお米をつくるべく生みだされた「さがびより」。

品質を保つため、佐賀県では、"おいしい「さがびより」基準"をつくり、実施しています。例えば、生産地と生産者を登録制にし、研修・指導を徹底的に行っているほか、優秀な生産者が「さがびより米(まい)スター」として、各地で地域条件や気象状況に応じた指導を行っています。

また、生産過程もしっかり管理し、肥料の量や時期を田んぼごとに見極め、また、刈り取りも一番おいしい時期に行われるようにしています。
出荷に関しても、玄米中のたんぱく質の量に関して定めた基準のクリアを必須とし、粒が大きく、きめ細かく透きとおったお米だけを選び、出荷しています。

佐賀牛

その味、まさにプレミアム!

全国に約150程ある「○○牛」といった牛の銘柄の中で、全国トップクラスの高品質を誇る佐賀牛。
JAグループ佐賀では、JAグループ佐賀管内肥育農家で飼育された黒毛和種であって、(社)日本食肉格付協会の定める牛取引規格の最高の肉質である「5」等級および「4」等級のBMS「No.7」以上を「佐賀牛」と呼び、それ以下を「佐賀産和牛」と分けてブランド化しております。

佐賀のり

生産額・販売額15年連続日本一!

世界有数の干満の差を誇る有明海は多くの河川からのミネラル豊富な栄養塩が流れ込む恵み豊かな漁場で、1日2回の干出により旨みが凝縮されることで佐賀海苔独特の味が作られます。

佐賀海苔は艶のある黒紫色をしていて、火で焙るとサッと緑色に変わります。口どけがよく、香ばしさがあり、トロけるような甘みがあって、のど越しがいいのが特徴的です。

佐賀のお酒

濃醇・旨口!"米どころ佐賀"は全国有数の"酒どころ"!

 焼酎王国・九州の中にあって、佐賀は希少な「日本酒王国」。佐賀の酒の特徴は、「濃醇・旨口」。豊富に残された米由来のアミノ酸が、しっかりとした口当たりと濃厚な旨味をもたらしています。

佐賀銘菓

 

シュガーロード文化がもたらした、個性豊かな佐賀のお菓子たち

かつて、日本と海外を結ぶ唯一の窓口だった長崎。海外から伝えられる珍しい文化や物資は、長崎街道を通って江戸に伝えられましたが、その中のひとつに、当時は大変希少だった砂糖がありました。

長崎街道沿いの城下町・宿場町であった佐賀では、この希少な砂糖を使ったお菓子文化が今も根付いています。丸房露や羊羹を始めとする伝統銘菓から、浮島と呼ばれる生地をバームクーヘンでサンドした「さが錦」などの創作和菓子まで、各店趣向をこらしたお菓子を販売しています。

佐賀の伝統工芸品

佐賀市の歴史と伝統に裏打ちされた個性と品質

佐賀は古くから肥前国の国庁が置かれるなど、“肥前国の政都”としての性格を持つ地域でしたが、江戸期に入ると雄藩・鍋島藩の城下町として商工業の発展が始まります。

主なものとしては、日本最古の綿緞通である「鍋島緞通」、幕末佐賀藩の理化学研究所「精錬方」をルーツに持つ「肥前びーどろ」、約300年の伝統を持つ「肥前名尾和紙」があげられます。

また、お隣・大川市の大川家具とともに発展してきた「諸富家具」や、鹿島鍋島藩の女中たちに受け継がれ、幕府への献上品となった「佐賀錦」も佐賀市の重要な伝統工芸品です。

ぜひこれを機会に、佐賀市の伝統工芸に触れてみてはいかがでしょうか?

(C)一般社団法人佐賀市観光協会. All rights reserved.