2016年バルーンフェスタフォトコンテスト入選作品を紹介します。

2016バルーンフェスタフォトコンテスト入選作品!

【 総 評 】
 2016佐賀熱気球世界選手権は10月28日から11月6日までの10日間、変形気球も合わせて186機が参加。大会中は天候にも恵まれ、史上最多の131万人が来場しました。
そのおかげで、応募者数・作品総数が前年の約2倍の269人・621枚になりました。期間中は、嘉瀬川河川敷会場からの一斉フライトやターゲットを目指して気球が集まってくる光景などは例年以上の迫力で、「さすが世界選手権」といえるものでした。
 600点を超える写真は色々なバリエーションはありましたが見慣れたカットも多く、ひと工夫欲しい作品も見られました。大胆な構図など、オリジナリティーのある写真を今後も期待します。 

      

【グランプリ賞】 作品タイトル「天に地に舞う」  (石村國男さん 福岡県宗像市)

 会場の嘉瀬川河川敷からの一斉離陸は105機のバルーンが参加しており、迫力があるシーンが繰り広げられました。この作品は対岸から撮影され、青空に向かって離陸するバルーンが嘉瀬川の水面にも映り込むシンメトリックな画面構成で、今大会ならではの瞬間をとらえています。

【龍登園賞】 作品タイトル「夢世界」  (岩永一美さん 福岡県北九州市)

 早朝、会場を飛び立ち周辺を飛行するバルーン。画面の中に浮かんでいるバルーンは朝焼けなどの色もあり、幻想的ながら静謐を感じます。タイトルの「夢世界」にふさわしい世界が広がっています。

【JR九州賞】 作品タイトル「大空へ」  (平川淳さん 福岡県北九州市)

 会場にJRバルーンさが駅があるので、列車とバルーンの組み合わせもタイミングが合えば面白いカットです。会場低空に浮かぶバルーンと水面の波紋。その奥を走る列車。風を感じ、みごとに瞬間を切り取った作品です。

【入選】 Wの輝きの楽しみ!

(大塚長幸さん 佐賀県佐賀市)

【入選】 あそぼー!!

(宮原典子さん 福岡県久留米市)

        

【入選】 色鮮やかに舞う

(山王静子さん 福岡県大野城市)

【入選】 郷里

(土井秀敏さん 福岡県筑紫野市)

【入選】 Dreams

(井山恵美子さん 鹿児島県出水市)

【入選】 パーフェクト

(佐藤洋子さん 福岡県太宰府市)

【入選】 熱い眼差し

(福井寛行さん 福岡県宗像市)

【入選】 朝日をあびて

(末永吉勝さん 佐賀県佐賀市)

【入選】 バルーンオリンピック

(菊池勝也さん 福岡県春日市)

【入選】 ワァーイ!!バルーンにタッチ

(香月邦勝さん 佐賀県伊万里市)

【佳作】 ダイナソーの旅行

(宮原信隆さん 佐賀県小城市)

【佳作】 sunrise

(千北誠実さん 佐賀県佐賀市)

【佳作】 上手に撮れたかい?

(栗田敦さん 佐賀県唐津市)

【佳作】 シャッターチャンス

(武富信義さん 佐賀県佐賀市)

【佳作】 楽しい一日

(黒木丸生さん 山口県下関市)

【佳作】 Balloon収穫祭

(池田純子さん 佐賀県小城市)

【佳作】 こんにちわ~

(小川幸治さん 佐賀県佐賀市)

【佳作】 パンダ・子パンダ・孫パンダ

(伊藤努さん 福岡県福岡市)

【佳作】 いろどりバルーン

(野田善廣さん 佐賀県佐賀市)

【佳作】 勢揃い

(福原良一さん 佐賀県三養基郡)

【審査員】
佐賀新聞社 編集局 メディアコンテンツ部 次長 川南 慎司

佐賀県カメラ組合 組合長 佐藤 公昭
ほか

 

 

 

 

 

(C)佐賀市観光協会. All rights reserved.